フランチャイズを利用して介護をもっと快適に提供できるサービスにする

全員に関係する

 今ニュースでも取り上げられているように、日本では介護の問題が大きくなってきています。介護業界は人手不足な割には重労働で給料が安いという問題に直面しているせいで、どんどんと若い人材が来ない状態担っています。その為に介護してほしくてもホームに入れない、ステイを頼めない、お金の問題でどうにもならない。そんな状態を抱えた人があふれるような結果になっています。少子高齢化による影響でもありますが、何より介護の負担が増大しているのは医療の発展の結果でもあります。
質の良い薬ができ、人間の多くが健康であれる時代になってきました。そのおかげで寿命が伸びたくさんの人が長生き出来るようになっています。しかし、いくら体は健康でも若い人のように動き回れるわけではありませんし、体は元気でも脳が限界を迎えたりすることもあります。そんな状況の人間が増加したことで介護の負担が大きくなっているのです。
1人で生活することはできない、寝たきりに近い、またはアルツハイマー等によって殆ど意思疎通ができない。それなのに体は健康体である為に介護によって様々な人の手を借りながら長生きします。お金や時間や家族に恵まれているのならば問題はありませんが、若い世代は不景気の為にお金の余裕がなかったり、結婚等から縁遠くなっているせいで老人を支える世代が困窮する状態担っている場合が多く、まったくバランスがとれなくなってしまっています。
これを改善する為に近年では介護業界にまったく無知だった人達がフランチャイズ契約を行い、大手企業から勉強しつつ、そして人脈も作りながら介護業界に参入してきています。

介護が必要なのは何も老人ばかりではありません。どうしても少子高齢化によって老人介護が目立つ結果になってはいますが、実は障害を抱えた子供に対しての介護や手助けも問題になってきています。少子高齢化、景気の悪化によって様々な部分で問題を抱える家庭が増加しています。それを助ける為に必要な人材が確保できない現状があります。
これらの煮詰まってしまった問題を改善する為にこの業界に乗り出してきているのがフランチャイズなのです。

子供への手

老人介護ばかりではなく、これから長い長い未来がある子どもたちへの介護問題も深刻になりつつあります。経済環境の悪化によって少子化は進み、男女ともに結婚しない、または経済的な安定が得られるまで結婚はしない状態になっている人が多いです。
結果、男女共働きでお金の不安を解消した頃に結婚し、子供を作る人が増加し高齢出産の割合が非常に上がってきています。また、不妊治療にかかる人も多くなっています。そこで問題になってくるのが子供の障害です。年齢を重ねてから妊娠出産を経験した場合、障害を抱えて生まれてくる確率が飛躍的に増加します。卵子も精子も生き物ですから、当然そこにも老化現象が起こります。この影響を受けると子供に障害としてそれが現れてしまうのです。
高齢出産によってリスクが増加する障害にはダウン症が最も有名ですが、出生前検査のような前段階ではわからず、生まれてから成長とともに分かるようになる発達障害も存在しています。これらが認識されだしたのは最近である為に、生まれてくる子供ばかりではなく既に大人となっている人が後からj発達障害であったと判明する場合もあります。

障害を抱えた子供でもいずれは親がいなくなってしまいますから、しっかりと自立して生活していけるような環境を整備して学習する必要があります。そこで必要になるのが児童の障害を取り扱ってくれている介護施設なのです。老人ではなく子供に関してのケアをする為の介護も存在しています。
中にはショートステイを扱ってくれるような場所もありますし、自立支援だったり障害を持っていても普通に働いていけるように自分の障害の特性とうまいやり方を教えてくれるような場所もあります。障害を抱えているとしても、学習障害があってもしっかり訓練することで健常者と同様に動けるようになる場合があります。それらの可能性をそうそうに潰してしまわないようにしっかりと学習施設や介護や相談員が存在しています。これらも決して人材が十分であるとはいえない状態にありますから、フランチャイズとしてこの業界に参入してくる人も増えています。

ストレス問題

介護を必要とする本人もそうですが、それを支えたり一緒に過ごしたりしている家族もストレスを感じています。それらのストレスも上手く解消していかなければ上手く進むはずのことも成功しなくなってしまいます。介護サービスの提供は専門的な知識を持っていることによって障害を抱えた人間自体のケア、そしてそれを支えている家族達のケアも同時に行う素晴らしい機会となっています。
お互いがお互いに気持よく過ごせるような環境と距離感を掴み、円滑に毎日を過ごす為には本人も家族もそれに関わる全員が様々なことを学習し、そして落ち着いた気持ちで毎日を過ごせるようになる必要があります。

詳しく読む

時間割

介護だったり、その年齢や性別に合わせた障害者支援だったり訓練だったりがあります。また、実際に自分が集団の中に入って生活し健常者の日常に上手く馴染めるように対処しなければいけない場合もあります。まずは集団生活や日常生活に入り、たくさんの人と関わった場合に起こる問題を自覚したり、上手く過ごすにはどうすれば良いのかを考える必要があります。そこで役立ってくれるのが介護業界が支援してくれる訓練校だったりステイ制度だったりするのです。
もっと上手に利用できるようにそれらの時間割を把握し、当人に適切な学習環境を与えられるように調整して下さい。

詳しく読む